資産を運用する

確定拠出年金は老後の生活を左右する!?超重要な資産形成!

ゆり子さん
ゆり子さん
確定拠出年金かぁ~。

老後2000万円問題とかよく聞くし、名前は知ってるけどイマイチわからないなぁ。

ここ数年、確定拠出年金という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。

公的年金だけでは老後の生活は難しい

このような情報もニュースで見かけることが多くなりました。

そんな中で注目されているのが、確定拠出年金やNISAなどの私的年金です。

私的年金は老後の生活のための資産を形成する大切な選択肢です。

自分や家族の将来をしっかりと見据えて、今から資産形成をすれば老後の生活に余裕が生まれることでしょう。

今回は老後を左右する資産形成の手段の一つ「確定拠出年金」について解説します。

今回の記事は以下の向けに書いています。

  • 老後のお金や生活が不安な方。
  • 老後のお金について何をすればよいのかわからない方。
  • 確定拠出年金に興味がある方。

そもそも確定拠出年金ってなに?

投資元手 貯金
ゆり子さん
ゆり子さん
老後の生活かぁ。

まだあんまり想像できないけど子どもの教育費や家のローンもあるし、ちゃんと考えた方がいいよね…。

日々の生活の出費やローンなどの定期的な出費があると、なかなか老後のためにお金を貯めようと思っても頭が回りませんよね。

とはいえ資産形成は早くから準備するに越したことはありません。

ということで、まずは「確定拠出年金とはなにか」を説明していきます。

確定拠出年金とは政府が推奨している私的年金の一つです。

確定拠出年金は60歳までに毎月一定の金額を出して、投資信託や保険商品などを選んで、60歳以降に運用した資産を受け取るものです。

確定拠出年金を制度として導入している会社は、提携先の金融機関の商品から従業員に選んでもらい、毎月従業員の給料から決めた金額を天引きします。

確定拠出年金とiDeCO(イデコ)

確定拠出年金を個人が金融機関を通して行う場合はこれを「iDeCo(イデコ)」といいます。

ゆり子さん
ゆり子さん
そうだったんだ!

確定拠出年金とiDeCoって同じだけど企業を通してやるのか、個人でやるのかで名前が変わるのね!

じゃぁ企業でやるのか、個人でやるのかどっちがいいんだろ…。

結論からいうと、どちらでも構わないです。

ただし、確定拠出年金やiDeCoを利用するときに一つ覚えておくべきことがあります。

確定拠出年金やiDeCoを利用するときに覚えておくべきこと

自分が働いている会社の福利厚生で確定拠出年金をするのか、それとも個人でiDeCoをするのか。

このときに覚えておくべきことは、金融商品を自分でも徹底的に調べ上げて選ぶことです。

ゆり子さん
ゆり子さん
確かに入社したときに、何か選んだ気がするなぁ。

人事の人が言ってたものか、同期が選んだものを私も選んだ気がする…。

自分で金融機関にいって行う場合も、よくわからないまま案内されたものを選ぶ人もいます。

けれども!

わからないからと他の人が選んでいるものを自分も選ぶことは危険です!

確定拠出年金は60歳まで毎月支払った額を金融機関が運用して、60歳以降に運用された資産が自分のお金となります。

60歳まで毎月積み立てたとき、その金額というのは非常に大きいです。

投資は元手が大きいとそのリターンも大きくなります。

良い金融商品を選んだ場合、自分の資産が大きく増えるのです。

どれだけの差が出るのか、一つ例を出します。

!重要!

例1)利回り0.1%の金融商品を選び、毎月2万円を30年間積み立てた場合

731万円(内訳:積立額720万円・運用で増えた金額11万円)

例2)利回り10%の金融商品を選び、毎月2万円を30年間積み立てた場合

4159万円(内訳:積立額720万円・運用で増えた金額3439万円)

※上の金額は以下のシミュレーターを使い算出しました↓

新生銀行|積立シミュレーター

なんとなく金融商品を選んでしまうと、毎月同じ金額を同じ年数積み立てても3439万円の違いが生まれます。

金融商品をいかにしっかりと選ぶのか、これだけで老後の生活が全然違ってくるのです。

もちろん金融商品に「この商品の利回りは0.1%」「この商品の利回りはなんと10%!」と書いてあるわけではありません。

しかしネットで過去の利回りなどは簡単に調べることができます。

または金融商品に詳しい人相談することも一つの手でしょう。

相談するうえでは知人や信頼できる人を相談相手にすることをおすすめします。

基本的に銀行や保険会社の人の場合だと、その人たちが売らないといけない商品を勧められる可能性が高いのです。

相談するうえでも事前に自分で調べておくことが大切です。

ゆり子さん
ゆり子さん
確定拠出年金って毎月積み立てる額も少ないからリスクも少ないから、その分リターンもあんまりないと思ってた…。

でも、しっかり自分で調べて利回りの良い商品を選べば、老後にもらえるお金にすっごい差が出るのね!

 

まとめ
  • 確定拠出年金は60歳までに毎月一定の金額を出して、投資信託や保険商品などを選んで、60歳以降に運用した資産を受け取るもの。
  • 確定拠出年金を個人で行うことを「iDeCo(イデコ)」という。
  • 企業でやるのも個人でやるのも、どちらでも構わない。
  • 金融商品を選ぶときは、周りに流されたりせず、自分で調べて選ぶことが大切。
  • わからないときは、専門家や詳しいくて信頼できる人に相談する。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です