支出を減らす

年間18万も違う!夫婦で格安SIMに乗り換えてみた

格安SIM アイキャッチ

格安SIM

少し前に頻繁に聞いて、もう新鮮な感じはありませんよね。

「安くなるって聞いたけど、変えるのが面倒くさそう」

「キャリアとか、SIMフリーとかよくわからない」

「やっぱり、auとかソフトバンクとかに比べたら通信速度とか遅いんでしょ?」

と思われている方も多いのではないでしょうか。

だからこそ、声を大にして言いたいのです。「もったいない!」

今回は格安SIMと、夫婦で乗り換え年間18万円通信費を安くした方の事例も紹介します。

まずは格安SIMを正しく知ろう!

格安SIM 知る

格安SIMは、「SIM」や「キャリア」といった慣れない言葉から敬遠されがちですが、難しい意味はありません。

  • キャリア➡携帯電話の通信サービスを提供している会社。大手はau・docomo・ソフトバンク。
  • 格安SIM➡大手キャリアよりも低価格で提供される通信サービス

簡単にいうと、格安SIMはau・ドコモ・ソフトバンク以外の会社が提供しているサービスなんですね。

格安SIMは、大手キャリアがもつ通信設備を借りて、サービスを提供しています。

大手キャリアとちがい、通信設備の維持などにお金をかける必要がないため、サービスを安く提供できるのです。

そのため利用者は格安SIMにすれば、大手キャリアより安く携帯電話を使えるようになるのです。

「とはいえ、よく通信がつながらなくなったりするんでしょ?」

そんなことはありません。

大手キャリアの通信設備を利用しているため、利用範囲や通信速度もほぼ同じです。

たまに格安SIMと関係してみかける「MNO」や「MVNO」って?

  • MNO➡通信設備を持つ事業者(大手キャリア)
  • MVNO➡通信設備を借りてサービスを提供する事業者(大手キャリア以外)

 

格安SIMのメリット・デメリット

格安SIM メリット デメリット

格安SIMとは何かを知ったところで、次はそのメリット・デメリットをみていきましょう。

格安SIMのメリット

  1. 料金が安い。
  2. 豊富なプランから自分の使い方に合ったプランを選べる。
  3. 今使っているiPhoneをそのまま使える。

1.料金が安い理由は、先ほど書きましたね。

2.格安SIMを提供する会社は多くのプランを用意しています。

通信量や電話量によって変わるプランから、「音声通話プラン」「データ通信専用プラン」など様々です。

自分の使い方に合った最適なプランを見つければ、余分な料金が発生せず、スマホ代を安く抑えられます。

3.今自分が使っているiPhoneをそのまま使うことができます。

写真の移行やアプリの入れ直しなど面倒な作業がなくなるのは嬉しいですね!

もちろん設定はありますが、説明書があれば初心者でも普通にできるレベル。

もし不安なら店舗で交換してもらいましょう!

格安スマホのデメリット

  1. 通信品質は大手キャリアの方が安定している。
  2. 購入可能な端末が少ない。
  3. テザリングやLINEのID検索ができないこともある。

1.先ほど、大手キャリアの通信設備を利用しているため、利用範囲や通信速度はほぼ同じと書きました。

しかし、特に回線が混雑する平日12時頃などは通信速度が若干落ちるといわれています。

しかし実際に利用者から「格安SIMのスマホの方がめちゃくちゃ遅い!」という声はあまり聞きません。

契約する会社にもよりますが、そこまで心配をする必要はないのです。

2.「格安スマホに乗り換えるついでに、スマホも最新のものにしよう!」

という方は注意です。

大手キャリアとは異なり、購入できる端末は限られています。

もし最新のスマホが欲しい場合、中古で端末を購入する必要があります。

3.格安SIMでは、端末や回線によってテザリングができない場合もあります。

テザリングを利用したい場合は、事前に格安SIMを提供する会社のHPや店舗で確認しましょう。

また格安SIMでは、LINEのID検索ができないものもあります。

けれども、ふるふるやQRコードでの友達追加はできますのでご安心を!

 

夫婦で格安SIMにしたら年間18万も安くなった事例

実際に、夫婦で格安SIMに乗り換えた方の例をご紹介します。

Wさんの家では夫婦でauのスマホを使い、二人で月に2万3000円支払っていました(機種代48か月払いも込み)。

しかしワイモバイルに変えて、二人で月に8000円となりました(機種はauからのものがを使用)。

 

auからワイモバイルへ乗り換え時の料金差

au ワイモバイル
料金/月・二人分 23,000円 8,000円
料金/年・二人分 276,000円 9,6000円

※料金には機種代4,000円/月も含まれています。機種代は48か月払い(4年払い)をauと契約時に選択。

※現在ワイモバイルの支払いにもauの機種代、月額4,000円が含まれています。

 

Wさん夫婦は、家と職場にWi-Fi環境があるため、通信量が少ないプランを選択しました。

このように自分たちの使い方に合ったプランを選択することで、通信費を年間18万円削減することもできます!

解約の手数料は、二人で16000円かかりました。

キャリアによりますが、auの場合だと使い続けた年数が長ければ長いほど解約料が安くなります。

 

まとめ
  • 自分に合ったプランを選べば、格安SIMは圧倒的に安い!
  • 通信品質も心配する必要なし!
  • 格安SIMを提供する会社でも大手を選べば(ワイモバイルやUQモバイルなど)、大手キャリアと同じように使える。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です