支出を減らす

団体信用生命保険とは?保険を見直し無駄な出費をなくそう!

団体信用生命保険 アイキャッチ
ゆり子さん
ゆり子さん
団体信用生命保険かぁ。

そういえば住宅ローンを組むときに、加入したような気がするわね

マイホームを購入した方の多くは住宅ローンを組んだことでしょう。

そのときに借り入れの条件とされることも多い「団体信用生命保険」

この保険は住宅ローンの契約者が返済中に亡くなってしまった場合、ローンの残債の返済を肩代わりするものです。

団体信用生命保険に限りませんが、新しく保険に加入したときは他の保険を見直さないと重複などで無駄な出費が増えてしまいます。

今回は団体信用生命保険や、団体信用生命保険に加入したときに見直したい保険について解説します。

今回の記事は以下の方向けに書いています↓

  • 保険の見直しをしたい方。
  • マイホームの購入を考えている方。
  • 団体信用生命保険について知りたい方。

団体信用生命保険ってそもそも何?

疑問 女性 リクルートスーツ

冒頭でもお伝えした通り、団体信用生命保険とは住宅ローンの契約者が返済中に亡くなってしまった場合、ローンの残債の返済を肩代わりするものです。

ローンの契約者が亡くなったときも、残された家族がローンの返済で生活できないことがないよう作られました。

住宅ローンの返済は、10年間、20年間、30年間と長期にわたります。

また金額も大きいため、万が一ローンの契約者が亡くなったとき、残された家族の経済的な負担は非常に大きいのです。

そのため住宅ローンの契約のときには、団体信用生命保険の加入を条件にする金融機関が多いのです。

団体信用生命保険に加入せず、ローン契約者に万が一のことがあった場合、せっかく購入したマイホームを手放すことにもなります。

団体信用生命保険はこのように生命保険のような役割もあります。

そのため団体信用生命保険に加入するときは、生命保険や他の保険を見直しましょう。

重複していると無駄な出費が増える可能性があるのです。

 

「保険を一度、全体的に見直したい…」「どの保険に加入すればよいのかわからない」という方は、ファイナンシャルプランナーによる無料の保険相談でお問合せください!

ファイナンシャルプランナーによる無料の保険相談

団体信用生命保険には他にも種類がある!

日経平均株価 上がり下がり

通常の団体信用生命保険は「ローン契約者が死亡」または「ローン契約者が高度障害状態(身体の一部や機能を失う、常に介護が必要な状態など)」のときにローンが免除されます。

しかし団体信用生命保険には、他にも「三大疾病特約付団体信用生命保険」「八大疾病特約付団体信用生命保険」などの種類もあります。

「三大疾病特約付団体信用生命保険」では通常の補償条件以外にも、ローン契約者が「がん・脳卒中・急性心筋梗塞」になった場合も保障を受けられるのです。

「八大疾病特約付団体信用生命保険」は、ローン契約者が「がん・脳卒中・急性心筋梗塞・糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性膵炎・慢性腎臓病」になった場合も保障を受けられます。

保障が手厚くなる分、特約を付けると金利が上乗せされることとなります。

 

「保険を一度、全体的に見直したい…」「どの保険に加入すればよいのかわからない」という方は、ファイナンシャルプランナーによる無料の保険相談でお問合せください!

ファイナンシャルプランナーによる無料の保険相談

団体信用生命保険を見直してみよう!

日経平均株価 とは 解説
ゆり子さん
ゆり子さん
特約を付けたら、こんなにも補償範囲が広がるのね!

家を購入する前に旦那さんが生命保険に加入しており、亡くなったときに5000万円受け取れるようになっていたとしましょう。

しかし2000万円でマイホームを購入、同時に団体信用生命保険に加入しました。

しかし生命保険で受け取お金に、ローンの返済のためのお金も含んでいる場合、団体信用生命保険で受け取れるお金と重複することになります。

この場合は生命保険を見直して、受け取れる金額を減らし、保険料を安くするのも選択肢のひとつでしょう。

またがん保険に加入していながら、三大疾病特約付団体信用生命保険を選んだ場合は、がん保険を継続するのかの見直しも必要です。

このように保険に加入したときは関連する保険の見直しを行わないと、重複して無駄な出費が増えるのです。

 

「保険を一度、全体的に見直したい…」「どの保険に加入すればよいのかわからない」という方は、ファイナンシャルプランナーによる無料の保険相談でお問合せください!

ファイナンシャルプランナーによる無料の保険相談

まとめ
  • 団体信用生命保険とは住宅ローンの契約者が返済中に亡くなってしまった場合、ローンの残債の返済を肩代わりするもの。
  • 住宅ローンの借り入れの条件になることも多い。
  • 「三大疾病特約付団体信用生命保険」では通常の保障条件以外にも、ローン契約者が「がん・脳卒中・急性心筋梗塞」になった場合も保障を受けられる。
  • 「八大疾病特約付団体信用生命保険」は、ローン契約者が「がん・脳卒中・急性心筋梗塞・糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性膵炎・慢性腎臓病」になった場合も保障を受けられる。
  • 新しく保険に加入したときは関連する保険の見直しをするとよい。

記事監修:渡邊建介(渡邊建介のプロフィールを見たい方は名前をクリック!)

愛知県在住のファイナンシャルプランナー。年間約100世帯以上のライフプランを作成

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です